在宅ワークのメリットとデメリット

在宅ワークには、確かに大きく稼げる可能性のある仕事もあり、人によってはメリットも大いにあるとは思います。
しかしながらデメリットを知らずに、メリットばかりに注目しがちなのが人というものではないでしょうか。
在宅でできるのは良いけれども、仕事としての結果が出なければ収入はゼロということも確実にありえるのだという、デメリットもしっかりと認識に入れておかなければならないのではないでしょうか。
在宅ワークをするには、指定した納期を厳守する、ある程度の仕事の流れを予測するなど、自分でコントロールができる必要性があります。
それに在宅で仕事をするということは、かかった経費を自分で負担しなければならない、というデメリットもあります。
普通に会社に勤務しているのならば当たり前に支給されていたパソコン、電話代、資料、電気代などの経費も、当然すべて自分が支払うことになるのです。
そしてなにより、仕事の成果が重要視されるのが在宅ワークです。責任が伴うお金の稼ぎ方なわけです。
一旦、仕事をお願いされて了承したのならば、依頼された期日までに必ず完了しなければならない責任が生まれるのが在宅ワークなのです。
クライアントの締め切り期日までに依頼をこなすペース配分が必要であり、いくら空いた時間で自宅で仕事ができるといっていても、実際はなかなか難しいものです。
もし万が一、クライアントの指定した締め切り日に間に合わないようであれば、自分の時間を犠牲にしてでも完了しなければなりません。
また、ある期間は仕事が多い時があったりしても、来月はとても少ない事があったりしますので、収入面では不安定なこともあげられます。
これは仕事を発注するクライアント側の都合なので仕方のないことですが、仕事量の面でも不安定な部分が在宅ワークの大変な一面ではないでしょうか。
しかしながら個人のスキルアップも自分のペースでできますし、強制的な仕事というのもありませんので、この自分で自由に管理できる面は大きなメリットといえるのではないでしょうか。

会社員の副業で懲戒処分などということが…

会社員の副業で懲戒処分などということがあるのか?と思う人もいるかもしれませんが、そのような記事を見かけました。会社員の副業とは言わず、サラリーマン副業という言い方をしていましたけどね。
日本経済新聞編『知ってトクする職場の法律 リーガル3分間ゼミ』という本なのかな?それをもとにして書かれた記事のようです。会社員が会社員のまま副業を始める前に注意しておかなければいけないことが書かれています。

あっ、そう言えば、昨夜のテレビで、あのモニカ・ルインスキーさんがTEDに出ていたときの映像が出ていました。テレビ欄でたまたま見つけたのでテレビを見たのですが、ネットいじめとか、ネットでの晒し行為、荒らし行為などなど、自らが受けた数々の酷いことをベースにした活動をされているようでした。
インターネットへの書きこみは永遠に残ってしまうから、昔なら「人の噂も75日」だったものが、今では永遠に噂が残ってしまうんですよね。言われてみれば怖い世の中です。
インターネットのせいで命を落とすことになった人もたくさんいますものね。

おっと、会社員の副業の話をしていたのでした。サラリーマンが副業をしたせいで、懲戒処分を受けることなんてあるのでしょうか。まあ、当然ですが、懲戒処分を受けることは大いにありますよね。
就業規則で副業を禁止していたとしたら、副業をやっていることがバレたら懲戒処分を受けることはあるのかもしれません。それに、本業の仕事中に副業なんかをしていたりしても、もしかしたら懲戒処分の対象になることだってあることでしょう。仕事が終わったからと言っても、会社のパソコンなんかで副業に関係する作業をしたりしたら、どうなるかはわかりませんよね。
それに税金のこともあるのかもしれません。税金の徴収とかで会社にバレることがあるみたいですから、バレたら困るのならきちんとしておかないとね。

副業で稼ぐことができればちょっとした金持ち 生活は送れるかもしれませんが気をつけるところは気をつけないと本業が無くなってしまったら副業どころじゃなくなってしまうので注意しましょう。

主婦の副業は短時間で主婦らしさも生かせればいいですね

主婦の副業というものを考えると、以前ならば切手貼りとか封筒貼りとか猛烈な数を家の中で黙々とこなすイメージがありました。こういうお仕事は相当上手く速くこなせなくては収入に結びつけるのは難しい感じです。テレビで一度、切手貼りの名人を見ましたが、もう機械のようでした。パラパラ漫画のように重ねた封筒をめくって正確に切手を貼り付けておられました。「すごい!」の一言でした、でもこんな女性は滅多にいないです。
最近の主婦の副業というもので聞いたことがあるのは、料理やお菓子を家で作ってみるモニターです。まだ発売前の製品が家に送られてくるわけです。例えば、ホットケーキミックスのようなものも、実際に発売するまでには、本当に家で上手においしく安全に作れるか何度も試してみる必要があります。それもどんな料理の腕の人が作っても等しくおいしく出来なければ、ヒット商品にはなりません。それに家計を預かる女性に気に入ってもらえなければスーパーの棚からレジに運んでももらえません。スーパーにあるたくさんの商品に日頃見慣れているので、外のパッケージのデザインにもなかなか厳しいのです。もちろん、値段も大事です。
主婦の立場からすると、一回分の食事かおやつの材料が送られてくるわけで、モニターの報酬プラス材料費はタダなのでとてもおとくな主婦の副業だといえます。どこかへ出かけて行かなくてもいいので時間もあまりかかりません。その代わり、日頃の主婦の家事経験を生かしてしっかり作って厳しく細かく感想やアドバイスを書かなくてはいけません。私も友人の会社の開発中のパンのモニターを少しだけやったことがあるのですが、上手くできておいしければいいんです。でも、なんだか問題がたくさんある場合、それを誠実にかくのがちょっと辛いものがありました。でもこれも大事なお金増やす仕事です。発売してしまってからでは遅いですからしっかりと。結局そのパンはやはり発売されませんでした。でもそれでいいのです。せっかくの主婦の細やかな感覚。短時間で生かせるものがあればやってみるといいですね。

自宅で書道教室を始めちゃいました。

先日ついに働き出しました。大学を卒業して無職も3年目に差し掛かってましたが、このままではいけないということで周りに大変協力してもらって、働き出しました。私は人と接することがとても苦手なので、普通に働くことはできないだろうと思っていましたので、在宅でできる仕事を探しました。いわゆる在宅ワークというヤツです。私は頭もよくないですし、資格などもこれといってもっていませんが、書道に関してだけは小中高と習い、最高の資格を所有しています。なのでそれを活かして家族の協力も経て、自宅で書道教室を開くことにしました。最初は家族からも反対されましたし、生徒も集まらないであろうという話でしたが、娯楽のないものすごい田舎であることも功を奏して生徒数もそなりに集まりました。生徒数が集まったのと、私が熱心に教えるものなので、それを見た家族も考えを変えて最近ではとても協力的でいてくれています。悪い気はしません。2年間無職であった私がこうして在宅ワークで働くことができるなんて思ってもみませんでした。小中高と習い続けた書道は私を裏切らなかったわけですね。芸は身を助けるといいますが、本当にその通りだと思います。私は書道教室を開くにあたって、危惧していたことがひとつありました。人と接することが苦手な私がはたして小さな子どもたちとうまく接することができるだろうかということです。しかしそれらは杞憂に終わりました。生徒たちはとても素直で、純粋です。今まで私に向ける大人の目はどこか汚れて、汚く見えましたが、彼らの目はとてもキレイで澄んでいます。あの目を見たら自然と接することができていました。今自宅で在宅ワークをしている在宅ワーカーが増えてきていると聞きました。私みたいな人と接することが苦手な人もインターネットを利用するなどして働いているわけです。ですが、書道教室や語学教室などといった形も在宅ワークにはあるのです。なにもインターネットを利用したものばかりではありません。私はこれからも生徒に書道を教えることで、無職だった時の時間を取り戻していきたいと思っています。

ネット副業をする目的はなんですか

ネット副業をする目的は、なんだったっけと考えていました。晩ごはんの用意をしているときに、ボーっとしていて、お味噌汁が吹きこぼれていることにしばらく気がつかなかったくらいでした。結婚をして、子どもが生まれると、毎日、家事と育事に追われるようになり、私はすっかり社会から除け者にされてしまったようで、すっごく疎外感のようなものを感じるようになっていたのでした。そんな時に、インターネットを見ていて目にとまったのが「ネット副業」だったんです。ネット副業なら自宅でできるので、家事と育事の合間にもできるかもしれないなあって思ったのです。でも、どうやって始めたらいいのかわかりませんから、まずはインターネットで勉強するところから始めました。インターネットを利用した副業というものは、いくつか種類があるのだということがわかってきました。私のような主婦でも、社長になれて一国一城の主ということにもなれるのです。私が社長になることができるなんて、思ってもみなかったので、想像しただけでワクワクしてきちゃいました。社長になって、仕事が大きくなれば、だれか人を雇うようになるのかもしれないのかな…なんて考えがどんどん広がっていきました。そして、会社にして、さらにどんどん大きくなって、自社ビルなんかを建ててしまって、その自社ビルの最上階に社長室を作って、私がそこの大きな黒いイスに座るのです。窓からは摩天楼が見渡すことができて、秘書が書類を持って部屋に入ってくる…。想像というより、妄想がどんどん膨らんでいきました。ここまで妄想が膨らむと、もうやらないわけにはいかなくなりました。私はインターネットで副業をやって、大きな自社ビルを建てるのです。そして、その自社ビルの最上階で仕事をするのです。秘書がいて、摩天楼を見下ろすのです。こうなるともう副業ではありません。本業です。あっ!またお味噌汁が吹きこぼれてしまいました。現実に引き戻されることになります。

アフィリエイトの2大手法と、「自演リンク」について

アフィリエイトの手法には、主に「ホワイトハット」と「ブラックハット」の2種類の方法が存在します。これらは便宜上の呼び名のようなものですが、それぞれの特徴は、以下に示すようなものです。
「ホワイトハット」・・・自演リンクを送らずに、良質なコンテンツを積み重ねてgoogleからの評価を高め、ユーザーを集める手法。
「ブラックハット」・・・積極的に自演リンクを行いgoogleでの上位表示を実現させ、ユーザーを集める手法。
自演リンクとは、自分が作ったサイトに対して、自分でリンクを張る行為のことを言います。上位表示をさせたいサイト・記事に対して、別のサイトからリンクを張ることによって、googleからの評価が高まるのです。この自演リンクを送ることを目的としたサイトのことを「サテライトサイト」と呼び、このサテライトサイトの記事内容は、リンクを送る先のサイトと同ジャンルにすることが最も高い評価に繋がると言われています。また、リンクを張る場所はサイドバーやフッターからではなく、記事内からが最も効果が高いということも言われています。
リンクを張る際には、リンクを張る場所のテキストも考える必要があります。これは「アンカーテキスト」と言い、一般的には、狙っているキーワードをアンカーテキストにすると効果的だと言われています。ですが、あまりにもアンカーテキストが一致していては、googleからペナルティを受けてしまう恐れもあります。なぜなら、本来リンクをもらう際には、あらゆるサイトから同じアンカーテキストでリンクが張られるなどということはほとんどありえないことだからです。「こちら」や「http~~~(サイトのURL)」、「(サイト名)」などのアンカーテキストでリンクを張る方が自然だと思いませんか?これを踏まえて、例えば「アフィリエイト 稼ぐ」で上位表示を試みているサイトがあるとしましょう。このサイトへリンクを送るときのアンカーテキストは「アフィリエイト 稼ぐ」がベストではあるのですが、自然さを演出するために、「こちら」や「http~~~(サイトのURL)」、「(サイト名)」など、色々なパターンに分散したほうが自然に見え、リスクが低いということです。
アフィリエイトの手法に唯一の正解はありません。ホワイトでもブラックでも、結果が出せればいいのです。どちらが自分に向いているかわからないという方は、コンテンツメインのホワイトサイトを作成しながら、自演リンクメインのブラックサイトも並行して作成していくことが成功への近道となります。

ネット副業を始める際に必要な心得とは

最近はネット副業を始めたいという人が多いように感じます。
今の仕事の収入だけでは不安であったり、満足できなかったり、空き時間を有効に使いたいということであったり、その理由は様々だと思います。
しかし、いざやる気にあふれネット副業を始めよう!と思っても、実際に何をすればいいのか、何から調べればいいのかわからないということも少なくありません。
何から手をつけてよいかわからないうちに、だんだんとやる気も薄れ、結局何も始められなかったという結果も十分に考えられます。
そうならないためには、思い立ったときすぐに、インターネットを使って検索してみることが必要です。
今はとても便利な時代です。
何か疑問があれば、とりあえずパソコンの前に座るかスマホの電源を入れさえすれば、何でも手軽に調べられる時代なのです。
キーワードに「ネット副業」などを選んで検索すると、たくさんのサイトがヒットします。
その中から、より詳しく情報が記されているサイトや、実際に稼いでいる人の体験記が書かれているブログなどを探し、これなら自分でも出来るというものを探すのです。
私もそうして情報を集め、自分にピッタリだと思える仕事に出会えました。
ちなみに私が選んだのは「ライティング」の仕事です。
空き時間を有効に使うことが出来るし、これまで自分が触れたことがなかった知識などにも触れることが出来て、大変充実しています。
そして何より、仕事をこなせばこなすほど、収入が目に見えて増えるのが魅力的です。
ネット副業の種類はもちろん他にもたくさんありますが、共通していえることは、最初からたくさん稼ごうと思い過ぎないことです。
収入はもちろん大切ですし、やる気もあふれているとは思いますが、無理なペースで突っ走ってしまうと、それは必ず短期間でやめることにつながってしまいます。
最初は少しずつでいいのです。
だんだんと仕事に慣れて、コツがつかめればペースを上げて、それを繰り返していけば自然と収入は上がっていきます。
無理をしすぎず、ぜひみなさんもネット副業を始めてみてください。